シャトル」カテゴリーアーカイブ

ホンダシャトル (SHUTTLE)


●価格帯:1,770,120~2,631,960円
●販売店:ホンダカーズ店 ●登場年月:2015年5月 ●最近の変更:2017年9月一部改良

シャトルプロフィール
フィットのステーションワゴン仕様で、上級指向の装備や走行感覚を持つ。リヤオーバーハングをグイッと延ばしたことで、荷室容量はフィットの5割増し以上の570l。さらに後席を倒すと1141lに倍増するから積載能力は抜群に高い。後席座面を跳ね上げて背の高い荷物を積みやすくする機能も備わる。ただし荷室の側面をギリギリまで削って容積アップを図った分、後席を倒すレバーは背もたれの肩部にしかない。そのため荷室側から操作しようとすると、途中まで乗り込まないと手が届かなくなっている。
運転席周辺もフィットより上級指向のつくり込みがなされ、ベースグレード以外はシート表皮が合皮とのコンビシートになる。インテリアも化粧直しではなく、サイドブレーキから足踏み式パーキングブレーキに変更してセンターコンソールに収納のための空間を増やし、使い勝手を高めている。

搭載エンジンは1500ccガソリンと1500cc+モーターのハイブリッドで、ともに燃費性能、動力性能はクラストップレベル。廉価グレードを除いて振幅感応型ダンパーを装着し、上質な乗り心地も与えられる。
全車ホンダセンシングを標準装備し、歩行者対応自動ブレーキ、追従型クルーズコントロール、車線維持支援などの先進安全機能が備わる。サイド&カーテンエアバッグも全車標準だ。

購入ガイド
カローラフィールダーとのライバル競合がプレッシャーを与える効果が高い。しかし、資本の異なるホンダカーズ店同士の競合が、より高い効果を期待できる。手元の在庫状況で条件が違うため、複数店を回ることが肝心だ。用品値引きや下取り査定額の上乗せも交渉しよう。

シャトル 値引き 目標額 19万円
競合車→カローラフィールダーなど

ベストグレードを解説
ハイブリッドX ホンダセンシング
2,310,120円(FF・7DCT)
3段階の真ん中がベストチョイスという定説通り

ハイブリッドZ ホンダセンシングより約16万円安く、16インチアルミホイールとルーフレール以外は、内装の加飾や表皮類の差が大きい。もちろんハイブリッドZの方が上質だが、機能装備に関してはハイブリッドXも変わらないため、上級指向の人でなければこちらでも満足できるはずだ。約30万円安いハイブリッドホンダセンシングはサイド&カーテンエアバッグのオプション設定もなく、遮音性を高めるもろもろが付かないため、せっかくの高級感が減る。

シャトル 主要諸元

項目 内容
全長×全幅×全高 4,440×1,695×1,545
ホイールベース 2,530mm
車両重量 1220kg
最小回転半径 4.9m
エンジン種類 直4DOHC+モーター
総排気量 1496cc
最高出力 110馬力
最大トルク 13.7kg
タンク容量 40L